サヨリ釣りの餌

9月23日もサヨリ釣りに行ってきました。

いつもの稲毛ヨットハーバー側堤防はかなり賑わっていました。
シルバーウィーク最終日だからでしょうか。先日受けた取材が記事になった影響もあるかも知れません。家族連れが目立ちます。
早朝から出掛けたから良かったものの、車で釣りに来た方は釣り座確保に難儀したのではないでしょうか。

さて、主題の「サヨリ釣りの餌」について。

堤防から気軽に狙える魚の中ではサヨリは餌の選択肢が多いように思います。

ハンペン、カマボコ、イソメ、ジャリメ、アミエビetc…

夏の間、サビキ釣りをしていたところ足下に寄ってきたサヨリが上の鈎に食ってきました。
偶々だろうと思ってましたが見釣りでも釣れました。

サビキの皮は白。
サヨリは白い物によく反応すると聞きます。

私はサヨリ釣りにはよくジャリメ(石ゴカイ)を使います。

イソメより細くサヨリの口に丁度良いと思うのと、鈎に刺し易くかつ、エサ取りに強いという点に強みを感じます。
エサが無傷のまま残っていたりすることがよくあるので手返しが良いのです。

ただ、難点がふたつ。

・やや高価
・サヨリ釣りにはそんなに量を必要としない

量り売りをしてくれる店があればどちらも解消するのですが、そうもいかない所が多いと思います。
私は半パックで売ってくれる店があるのでよく利用していますが、それでも余ります。
やたら釣れたこの日も、半パックを使い切れませんでした。

そこで、イカの切り身を使ってみることに。
白いのと、おそらくエサ取りに強いであろうと踏んでのことです。

冷凍庫にあったイカを皮はむかずに刻んで塩をふり、水気を抜いて使うことにします。

コマセはマルキューの遠投カゴパワー

コマセはマルキューの遠投カゴパワー

この日の付けエサはイカ一択で臨みました。

カゴウキは工房浦安のSS2EX、SSサイズです。

釣れますねー

釣れますねー

イカを使う場合、鈎先を外に出してやらないと釣れません。
アタリはかなりあります。

使っているとイカが少し緩くなったりしますが、伸ばして鈎のチモトに引っ掛け直して何度か使えますね。

ハンペンだとこうはいきません。

1443040888147

100投しての釣果は32尾でした。
長潮のわりには釣れたと思います。堤防全体でみても良い釣果です。

とは言え、感覚としてはジャリメのほうがもう少し釣れたかな?
と思うところもあります。

鈎に乗らない率が高かったように思います。
エサの付け方、大きさに研究の余地がありそうです。

コスト的にはかなり低いのでお勧めのエサではあると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。