釣りに対する姿勢と情報について

釣行記ではなく思っていること、考えていることを綴ります。

釣りに限らないことですが何でも最低限のマナー・常識はありますよね。

ゴミ、釣り方、コマセの使い方、釣ったあとの外道の扱いなどなど…

自然が相手、他人様を相手にする“趣味”なんですからその辺キチッと出来てないと格好悪いと思うのですよ。趣も味もあったもんじゃない。

自分だって釣り場での仕掛け作りの最中にカットしたラインの末端が飛ばされてしまったり、

仕掛け、エギをロストしたことはあります。ゴミを出してるのと同じで恥ずかしいことです。やらかすと本当にみっともない気持ちになります。

そうした時は出した以上のゴミを持ち帰ることにしています。

チャラにはなりませんが皆が同じことをすれば海の健康は保たれ、釣り場の環境も維持できると思います。

よく通う場所に関していえばゴミが多いですね。

それとコマセの後始末をしていないケース。夏場は臭いとハエが湧いてたまったもんじゃありません。

水汲みバケツを使ってるんだろうから帰り際に流せばいいだけの話なんですが。

常連さんはそのへんとても理解されてる方が多い印象です。

飛ばされてきたゴミを拾ってしまおうとすると
「俺が捨てとくから」と言って既に幾つか回収しているゴミ袋に入れてくれたことがあります。

釣り場が賑やかになるのは結構ですが、祭り会場の後と同じで荒れるのが容易に想像できます。

そういうのもあって、先日のカレイのポイントなど特にそうですが詳細なことは書きません。
(釣り場でお会いした方との会話の中ででしたらその限りではありませんが)

新しい釣り場を自分で見つけるのは難しいですが、釣り場を失うことは簡単です。

良い記事を見つけたので2つほどリンクしておきます。

「【未来】全ての釣り人の方に届くことを願って。」
http://boupro1.blog.jp/seabass/1045984630.html

「情報があふれてる時代を考えて」
http://www.fimosw.com/u/quatro/to1wjnys6ars4v

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。