サヨリ調査と釣果の考察

4/22の釣行記

QwedさんとLINEしていたら偶々、同じ目的地だったので内房某所でご一緒することに。

だいたい、サヨリの様子は此処で窺うことにしていますが・・

どうも釣れていない。常連の姿も殆どなく既に帰ってしまったぽい。

2時間ほどで撤収。

ホームに行くことに。

到着すると丁度白帽子さんが始めたばかりでいきなり1本目。

こちらが始める頃にはまたも白帽子さんに今度は37cmの大物。

どうにか自分も1本。

その後少し間を開けて1本追加。

3人ともにアタリが中々出ず、少ないアタリをモノにしないといけない難しい釣り。

今日は一度突かれるとその後は追って来ない感じ。

トイレに行って戻って来る15分ほどの間にQwedさんが3本立て続けに。

これ以降3人とも無反応。

非常に難しい釣りでした。

居るには居る。南風がこんなに強く無ければ…

堤防全体であがったサヨリは自分達のを含めて10本台じゃないかな。。

3人とも向かい風の中、PEで投げ続けてようやくの釣果。

並んだ3人全員が釣れたのは健闘したと言っていいでしょう。

持ち帰った2本はオスとメス。それぞれジャスト30cmで白子、卵持ちでした。

もう少し遠投出来るコンディションだと数が伸びそうな気もします。

さて、最後にちょっと考察。
サヨリファンには貴重なデータかも知れませんよ~

春サヨリの過去の記録を見て気付きました。

2016年4月の記事

同じく5月の記事。みんなでクーラーボックス一杯にした日もありましたね。

けっこうサヨリ釣れてますね。

覚えてる方も多いと思いますが前年の2015年はサヨリの超大当たり年でした。

1日に150本以上釣った日もあった9月は凄かったです。(2015年9月の記事

翌春にも型の良いのが釣れているので年を越えた個体が相当数残っていた可能性が濃厚です。

で、2016年秋ですが、、シーズン通して微妙だった覚えがあります。

サバがよく釣れた年でした。

秋に絶好調だと翌春も望みが高いということが言えそうです。

で、、昨年の秋はどうだったかと言うと

イナダ祭りの印象が強烈でサヨリの記憶が薄いんですが・・(笑)

グミで遊びながらも釣れてはいました

なので、今の所

「ある程度は釣れるのではないか」と考えてます。

大型連休あたりの湾奥はやってみる価値アリでしょう。

春サヨリ、型がよろしいのでSS2-EXで狙ってみてください!(と宣伝…)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. チヌ平 より:

    なんつうか、、

    もう少し南の、、、排水口や、、、

    もう少し南の、、、沖に四つある堤防の航路側とか、、、

    赤潮が無ければ、集まって来ますよね、、

    ずっと前から、、

    • にし より:

      チヌ平さん

      お久しぶりです(以前何度かコメントいただいたチヌ平さんですよね)

      分かるんですけど、あんまり行きませんね~
      うち片方は自分で探し歩いて釣れるポイントのひとつとして見つけました。
      周知されている所の定点観測という趣旨に近いんです。
      最近になって釣り場の秘匿性を高めたばかりでして、釣り場ガイド的なことは今のところ当サイトではやりたいことではないんです。

      なんとな~くボカしていただいてありがとうございます(笑)

  2. たけ より:

    サヨリも楽しそう~^^
    にしさんで難しいならサヨリ二年目の私には相当な難易度が
    予想されますが釣れたら嬉しさ倍増だろうなぁ
    GW行こうかなっ

    今回はジャリメでやったんですか?

    • にし より:

      たけさん

      餌はジャリメを使いました。
      風さえ無ければ釣果は伸ばせたと思います!
      GWは何度か行くと思います。

  3. Qwed より:

    暑い中お疲れ様でした!!
    今日の最初の感想は、激渋という感想でしたけど、よくよく考えてみると、超絶向かい風なのに型は見られましたから条件良ければそこそこ釣れるのかもしれませんね!!
    またやりましょう!!ありがとうございました!!

    • にし より:

      Qwedさん

      お疲れ様でした!
      あの風でもそこそこ飛びましたからね!
      北風だと尚いいんですけどねえ。
      またご一緒しましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。