3連続釣行その3【ボートシロギス編】

2018/7/16の釣行記。

当初15日に予定していたボートシロギスの釣行会ですが、

富浦が祭礼で船はすべて沖へ出ないということを直前で知り、慌てて岩井に変更しようとするも既に満員。

16日が空いていたので行ける人で行ってきました。

キューウェドさんあらためキューさんとヘチ釣りの師匠と3人です。

キューさんと同じボートに乗り、師匠はお1人。

風が強くあまり沖には行かないようにと注意されていたのと、海開きが始まっているのでボートは浅場に集中します。

開始一投目でヒットするも、近くのボートのアンカーロープに引っ掛かった状態で回収。

仕掛も魚も無事回収。

手漕ぎボートは周囲のボートのロープが何処に流れているか気を付けないといけませんね。

自分のボートのロープを見ればどちらに流れているか分かります。

今回はキューさんに教えながらの釣り。

教え忘れてしまった部分もありましたが良型を6本釣ってくれました。

自分は開始直後から5投連続でヒットするも、中盤~後半にかけて苦戦。

中々固まっているポイントを見つけ出せませんでした。

前述の通り、ボートの行ける範囲が普段より狭く密集しているので難しい釣りでした。

最終的に13本あげて納竿。

今年3回目で一番少ないです。。

型は良いんですけどね。

連休の3連続釣行、3回目のボートシロギスは一応成功。

とは言えボートでは渋めでも30くらいは釣りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。