サヨリ調査!エンピツ集め!

2018/8/4の釣行記

サヨリの釣果がぽつぽつ聞こえ始めたので白帽子さんとホームでサヨリ釣りに興じることに。

先に到着したので始めますが・・

赤潮っすね~

ボラは元気。アカエイとツバクロエイの小さいのが泳いでます。

朝7時くらいでこんな有様。

常連のサヨリ師は皆無

10投チョイしたけどアタリ無し。

手前約30メートルは薄赤く淀み、ボラに支配されている感じ。

赤潮の海で足下にコマセカゴで流す人は何狙いなのだろう…

うーん、、1人なら既に見切りをつけてるけど白帽子さん来るからなあ。

でも片付けるか。。

道具を片付け終えた頃に丁度白帽子さん到着。

まだ8時だし、一緒に少し南へ行ってみることに。

最新の釣果報告のあった場所へ。

暑さのせいかこちらも空いてます。

暫くアタリが無く、時合を待つしかないのかなと根競べ。

白帽子さんはチョイ投げで下も探りますが反応ないそうです。

1時間以上経過してようやく1本。

小さっ!!

返してあげるか・・

とポチャンしたらグッタリしてる。

鈎飲んでないし、地面に置いてないし??

あまりに暑いので外気の時点でダメなのかも。小さい個体だから尚更。

この後釣れるサヨリが皆エンピツだったので今回は2人とも持ち帰ってみることに。

海に戻したひとつを含めて丁度10尾。

白帽子さんも同じくらい。

今回はカゴウキにSS-ⅡEXのSSサイズを使用。

こんなに小さいサヨリでも明確なアタリが手元に伝わります。

仕掛はいつもよりやや短めにしておくと鈎掛かりした後のサヨリが『のっている』のを確認しやすいと思いました。

釣れたサヨリはウロコ、ワタ、頭を取って塩水に浸けて軽く干してから天ぷらに。

エンピツと侮ることなかれ、これは中々ですよ…!

今回は先日購入したバッカンを使ってみたんですが、これも中々良い買い物だったかも。

mazumeのバッカンⅡ。

ロッドホルダー2つにルアーをちょっと引っ掛けられるのとか小物の入るポケット、内ポケットなどついてます。

感想などはまた後日。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。