もはや定例のピンギス&サヨリ

土曜日もここ最近の釣りをやってました。

12月だというのに…

まだ釣れます…

仕掛けは少し長めの2本針。

昼に渋ってきたので、船での練習用に胴突き1本針に変更。

この釣り方はアワセが必要で、針は大きめで。

アスリートキス7号でもご覧の通り飲まれずええ感じに掛かってます。

これは吹き流しと釣趣が違って面白い!

車の運転に例えると吹き流しはオートマ(セミオートマが適当かな)で、胴突きはマニュアルといった感じ。

フォールが効くようで魚の反応はこちらの方が出ますね。

夕方からサヨリ。

正直、厳しかった…

白帽子さんと2本ずつだったかな?

今シーズン最も遅くリールを巻きました。

まあ、お土産には事欠かない釣りになったのでいいかな。

ちょっと(かなり?)マンネリ化しつつあるので何か変化が欲しいこの頃です(贅沢)

夕陽が綺麗だったので撮ってみた。

最近はこの時間に帰ることが多いですね。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
クリックしていただけると励みになります

コメント

  1. さくぞう より:

    こんにちは。
    いつも勉強の為拝見しています。
    自分は金曜に初めてキス釣りに行きました。
    シーズン中に行きたかったですね。
    天ぷら一回分のは釣れたので楽しかったです。
    来年はサヨリも釣り釣りたいですね。

    • にし より:

      さくぞうさん

      コメントありがとうございます。
      ホームのシロギスはシーズンと言うか今回は異常なので正直いつまで続くのか分からないと言うのが正直な所です。
      前の記事で終盤というタイトルにはしましたが、全く釣れないということは無いです。
      1束は難しいとは思いますけど。

      サヨリは時合が短くなってきた感があり、「やれば誰でも釣れるよ!」とは言い難い状況です。
      春か夏の終わりに始められるといいかも知れません。
      キャスト練習のつもりであえて今やるというのもアリですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。