ガイドについて見識のある方を探しています

※今回の記事はいつもと性質が違い、記事の扱いが特殊です。

現在、とあるメーカーが新しいガイドを考案中でして。

案はあるものの、素材の入手・加工方法の点が大きな壁になっておりプロトタイプの制作を前に足踏み状態となっております。

事情があって私(フィッシング天台の筆者・にし)が書きますのでこの記事は代理投稿の形になります。

直接依頼を受けて記事にしておりますので、『そんな内容をこの段階でネットに載せていいのか』というご心配は無用です。

尚、この記事は一定期間の後に非公開とさせていただきます。

また、記事の内容は予告なく変更される場合があることをご了承ください。

下線の中が考案中のガイドの説明になります。


上の画像がガイドがフリーの状態、下の画像が固定された状態です。

【特徴】

スレッドが無い為、糸巻き・エポキシ処理が不要になります。
コストダウンが図れます。

ガイドの位置変更、ガイド修理がロッドに傷を付けずに自分で容易に出来ます。

ガイドのフット部分の狭窄部が無い為、ラインのガイド絡みの低減が期待できます。

図の赤い部分はステンレス、チタン、カーボン等をインサート成形で製造を想定しています。

・ガイドとセラミックの接合方法に知見のある方。

・ハードガイドリング、窒化珪素ガイドリング、ジルコニアガイドリング等の入手先をご存知の方のご協力を求めております。
(※Sicは除く)


以上の内容です。

特に赤文字の部分のご協力を求めております。

情報・ご協力をいただける方はコメント欄かメールにてご連絡いただけると有難いです。

メールの方はこちらのページからお願いいたします。

お寄せいただいた内容によっては、メーカー側とお繋ぎする可能性があります。
(その場合は必ず事前に確認のメールをお送りいたします)

どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
クリックしていただけると励みになります

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。