沖堤シロギス調査

今シーズンは湾奥のサヨリが芳しくありません。

にしは結局一本も出会えておりません・・・w

周りのサヨリ師も今期は諦めムードが漂っておりますが、続けている猛者も居ますのでもう少しだけ期待してみます。

こうなってくると、サヨリ用カゴウキを謳うSS-Ⅱの宣伝はしづらい訳で。
(でも何時始まってもいいように、まだ持ってない人は買ってくださいネ)

そこで、サヨリからシロギスに狙いを変えてみました。

サヨリと言えば、工房浦安。

工房浦安と言えばSS-Ⅱ

と、、

浦安天秤。

今回は大型連休の最終日に木更津沖堤防からシロギスを探してみました。

連休最終日は大人しく過ごす人が多いのか、一便の船がガラガラです。

今回使用した仕掛けはこの2種類。

浦安天秤は15cmを選びました。

タックルはチョイ投げ用で3色前後から探し歩き。

移動は苦ではないので空いていたのは好都合。

今回は南風で強い北風に泣かされた前回とは違い、投げたい方に投げられます。

6時を過ぎてようやく1本目。

ナマコの小さいのに引っ掛かることが多く、これが実に悩ましい・・・

ただ、小さい為にハリス切れを起こす程でもなくナマコを引っ掛けた後でシロギスが掛かってもアタリは取れるのが幸い。

カケアガリや足下でヒットし易いものの、メゴチ、ハゼ、ヒイラギ、フグも居るので少し遠目で釣れるポイントを探す方が良いかも知れません。

ダブルは1回。

南風がキツくなり、外道含めてアタリが減ってきたので11時に早上がり。

一緒に竿を出したヘチ釣りの師匠は早い時間に黒鯛を1枚あげて2人共本命ゲットです。

高校生シーバスアングラー、ボラ星人君もお父さんと参加して違う堤防でシーバスこそ奮わなかったものの、初めての根魚釣りを楽しめたようです。

にしの釣果。

目盛りが見切れちゃったけど、ピン~17cm(ガチガチに冷やした後で計測)で11本。

前回の6本より好転したので良しとします。

強風下にも関わらず、キャスト後の仕掛け絡みは無かったので15cmの天秤を選択したのは正解でした。仕掛けは5本鈎の引き釣りスペシャルを主に使用。

ささめ針(SASAME) K-113 キス競技用投釣5本 7号1

沖堤防はあと何回か挑戦してみるかも知れません。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。