シーバス日記

5月某日

投げたい場所に先行者が居りまして、離れた所で始めるもバイトは拾えず。

向かい風の中、フィール120を引いてくると、コンと反応有り。

反応の出る所に投げるとアマモが押し寄せており、フィールで反応があるとは言え4本フックが仇となる。

先行者も魚をあげている様子は無く…と言うか、来てからずっと据え置き型のライトをピカー。かなり眩しい。たぶん初心者(自分も初心者だけど)or暗いのがダメな人か。。

この日は諦めて終了。

5月某日

またしても入りたいポイントに先行者。

後からさらに別の一組が来て、自分と先行者の間に…
エーッ、そこで始めちゃう!?ほんとに?という距離。

カーム110で流れに乗せたら反応出たのだけど、もう少し寄りたい…が前述の人が居る!一本あげたい気持ちはある、、が、ここであげた後のことを想像しよう、モヤッとする後発のアングラー達は色めき立ち、「ここは釣れるんだ、粘ろう!通おう!」そうなるね!…終了!

此処は人的要因(書いた以外にも色々あるのです)で思い通りに釣りが出来るかと言うと、博打要素が大きい。

5月某日

またしても入りたい所に先行で3人…

が、途中で帰ったので入る。

ここ最近はシンペンだけ入れたケースを1つしか持たずに来ていて(基本的にルアーケースは1つ多くても2つまでにしている)、にょろにょろ、フィール、マニック、エンヴィ、カーム…シンペンのどれもがことごとく反応しない。

この日たまたま唯一持っていたミノー、スライ95Fを流しても…

アタリすら拾えず終わるのは悔しいので、キューさんが別の場所で有効だったという方法を試す。
※ルアーフィッシングは極力教わらずにやろうという考えなので、これは最後の手段。

するとどうでしょう。

セイゴだけど、あっさり出た。(キューさん有り難うございます🎵)

時間いっぱいでこの一尾で終了。
10分ほど置くとまた捕食音が聴こえ始めた。

しばし考察。

どうもポイントによって食べているベイトが違うのでは?
アミやシラスやハク、それらとバチが混在している気が。

エリア10あたりを流してみたい。
幾らか体高のあるルアーも通してみたい。

とまあ、後悔やら他の手をイメージ出来たのは収穫ではあるし、昨年より落ち着いてルアーの釣りが出来るようになったような気はするので良しとします。

この三日間で周りで釣れてる人見なかったしね。

さて、、そろそろタモ使いたい(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。

コメント

  1. キュー より:

    例のあのルアーでも例のアレが効くと思います!!
    個人的にはアレの方がアレは効くのではないかとちょっと思います。
    アレアレだらけでアレあれですけど。

    • にし より:

      キューさん

      アレは間違いないでしょうね。
      丁度ああいうのが欲しいんです。中々アレなのが無くて。
      アレをするのにはアレがいいでしょうね(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。