シロギス料理

釣行記ばかりなのも何なので久しぶりに料理の記事でも。

最近釣って食べたシロギス料理を3点ほど。

定番の天ぷらに…

シロギスの食べ方として最高なのでは?

と思っている湯引き。

【湯引きの作り方】

※事前に湯、ボウルに氷水を張って用意しておくといいです。

シロギスを3枚にして大きい物は腹骨をすき、皮に包丁で切れ目を1、2か所入れておきます。

それを平ザルなどに皮を上にして並べ、布巾をかぶせ熱湯をかけます。

速やかに氷水にくぐらせて、水気をとって出来上がり。

ピンギスなんかは腹骨をあえて残しておいても美味しく食べられます。

日本酒にも冷えたワインにも抜群に合います。鮨ネタにもいいんじゃないでしょうか。

キスの旨味を堪能するならこれに尽きると思います。

あまり手間をかけずに美味しく食べたいな。。

という時にピッタリだった、グリル。

作り方…と言っても適当であまり覚えてません(笑)

開いたシロギスをオリーブオイルでマリネして、塩コショウして余熱無しのオーブンで焼いてレモンの上に並べただけ。

オーブンは200度で5、6分だったかな…

足りなかったら追加してください。

マリネしておくことで、余熱無しで焼いても身がバサバサになりません。

失敗が少なくていいんじゃないでしょうか。

天ぷらより箸が進みます。数が釣れたらまた作りたいですね。

今度の週末は久しぶりの連休なのでまた釣って来よう!

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
クリックしていただけると励みになります

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。