浦安釣法とは?

SS2 EXやSS2で初めて工房浦安製品、或いはカゴウキを使ってみたという方は少なく無いと思います。

SS2 EXは「浦安釣法」というサヨリの釣り方に特化して作られたカゴウキです。
此処ではその浦安釣法について説明します。
(工房浦安製品の旧作を含むSSシリーズ、ボイヤーも共通します)

浦安釣法とは工房浦安の代表、友常忠男氏が考案したサヨリ釣りの釣法のひとつです。
釣法は94年頃に固まったようですがSS(スーパーサヨリン)の原型は80年代に既に出来ていたようです。

釣り方ですが、簡単に言えばカゴウキを投げて巻いてくるだけです。

表層を泳ぐサヨリを誘って釣るミャク釣りのイメージですね。

コツを幾つか挙げますと、

・最初の数投はコマセを撒かない

・付け餌を沈ませないリトリーブ(リールの巻き)を行う。

・エサはハリのチモトまで上げて隠し、ハリの軸に対して真っ直ぐつける。
(エサの垂らしは1cmもあれば十分です)

・竿と道糸が直線にならないようにし、道糸を軽く張った状態で釣ります。

・アタリは竿先でとり、アワセは不要です。少し早目に巻くだけで十分です。

あくまでサヨリにエサを食わせるのが目的なので最初はコマセを撒かずに探りましょう。
また、最初からコマセを撒くとコマセがどんどん沖に流れて自分でサヨリを遠ざけることになります。
まわりも釣れなくなりますよね。

他にも色々細かい所はあるのですが長くなっても読みづらいですから、別の機会に書いてみようと思います。

これからサヨリ釣りをはじめる方に少しでも参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。