いつもの釣り+1

2018/12/02の釣行記。

長潮。

前日もそこそこ釣ったけどジャリメ余ってるし、行くかーと。

Mさんがいらしてたので、反対側に居たヒイカ狙いのイケメンの兄さんにも挨拶してお隣に入らせていただきました。

今日は持ってきた竿はチョイ投げ用のリバティクラブサーフと小継せとうちの2本だけ。

磯風もシーバスロッドもヘチ竿もありません。タモも無いから荷物少なくて楽。

まずはチョイ投げ。

まだまだ釣れる気がする…

けど、そんなに簡単でもないかな?

1日やって1束いける自信はちょっと、無い。

お隣のお兄さんがヒイカを連発しているので、、小継せとうちでヒイカをやってみます。

自分的にはまさに万能竿な小継せとうち、エギングの実績解除もしてやろうじゃないですか。

ロッド:小継せとうち・N 3-33

リール:18フリームスLT2000S

ヤマシタのアシトリグリーダーを使ってスッテ&エギ使用で兎に角釣ってやる気で。

ヤマシタ(YAMASHITA) ナオリー アシストリグリーダー M

目標:1パイ釣る
※沢山釣るというのではなくとにかく1つという意味です

隣のお兄さんはじめ、周りでヒイカが上がる中。。

自分だけ釣れません(笑)

あー、、この感じ。久しぶり…なんか新鮮!

テンポ良く釣るお兄さんの釣り方を観察して話してみます。

に「ボトムですか?」

お兄さん『そうです!』

あんまりエギ持ってないんでロストが怖くはあったけどネチネチとボトムを攻めて…

やったーーー!

ヒイカ釣るの、3年ぶりくらいかな…

竿先が柔い小継せとうち、ドラグの滑り出しが良いフリームスの組み合わせはヒイカ釣りに良いかも知れませぬ。

ヒイカを視野に入れるなら、3.3は少し長いので2.7がいいかな。欲しい。

ダイワ(DAIWA) サビキロッド 小継せとうち 2号-27・E サビキ 釣り竿

まあ、そうするとサヨリには微妙になってきますが。

その後1パイ追加(今度はスッテではなく、ピンクのエギ)してピンギスに復帰。

白帽子さんが合流して一緒にサビキやったり夕方からはんなパパさんが来てサヨリやったり。

サヨリも小継せとうちでやりました。

サヨリは3本釣って全て誘いながらの釣りでした。

リール3分の1~半回転ほどを素早く巻いてステイの繰り返し。

当たって当たってようやく…という感じ。

少しでもアワセを入れてしまうような釣り方をされる人には厳しいと思いました。

正直、難しいですが挑戦する価値はありです。

釣果はこの他にサビキでのボラ×3(リリース)。

5目釣り達成ですな。

色々釣ったんで刺身に盛ってみました。

左からサヨリ、シロギスの湯引き、ヒイカ。

ピンギスは刺身も旨いけど湯引きも最高ですな~

レモン果汁とも合う!

このサイズでないと味わえない旨さが間違いなく、、ある!

釣りと同じく料理も好きなので本を読んだりして知ったのですが、

キスも「光り物」って知ってました?

思うに寿司職人の手にかかる仕事の対象魚、、

コハダを筆頭にどれも手間のかかる物ばかりですよね。

さばくのを億劫とせずに美味しくいただく。最高じゃないですか。

前にも書きましたが『解剖』に近いので切っ先の切れ味の良い刃物をお勧めします。

自分はペティナイフを使っています。

グローバル ペティーナイフ 刃渡り 13cm GS-3

全体的に白い盛りになってしまったけど味わいがどれも違って楽しめました。
(冷蔵庫にサーモンもあったけどあえて加えませんでした)

と言うかホームでこれだけ揃えられるの、かなり良いでしょ~。

来週もやろうかな…

ランキングサイトに登録してみました。

↓クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 釣魚料理へ

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
クリックしていただけると励みになります

コメント

  1. M より:

    西さん
     先日は、お疲れ様でした。トイレのため何度も自転車を貸していただき、ありがとうございました。
     ヒイカが釣れていた話を家でした所、「新鮮なイカも食べてみたい」と、言われました。次回、チャレンジしようかと思っています。

    • にし より:

      Mさん

      お疲れさまでした~

      イカ、釣れるかどうか読めないんですよね。。
      群れを探し歩くか寄ってくるのを待つかの釣りになると思います。
      他の釣りの用意もしながらやろうかなと考えてます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。