鉄火場の餌釣り

2019/10/20の釣行記

ホームの朝7時。

既に凄い人。

台風19号で欄干が崩落して先端部は立入禁止になっているにも関わらず侵入している人も。
貧すれば鈍すると言うのは釣り場にも言えることかも知れません。
釣りと言う同じ趣味の持ち主と思いたくないし思われたくないなあ…

鉄火場…博打要素の大きい青物をターゲットにして、先端も入れないとなると釣り場がこうなることは想定内なのでルアーは端からやる気無し。

今日はジャリメを半パックだけ買って小物釣りです。

チョイ投げでスタート。

天秤は浦安天秤11cm。

ピンギスで幸先良いかと思うも中々続かず。

近くでジグを投げていた親子が帰られたのでそこへ入ってサヨリをやろうと思うも、

両隣をルアーマンに挟まれる格好の為、結局此処では竿を出さずに別の親子に場所を譲る。

引いて来る浦安釣法でも潮が動いていたら隣のルアーがかぶってしまう。

ポイントを変えてピンギス釣り。

正解。

仕掛はキス鈎4号の7本鈎。全長1ヒロ無いくらいのエダスが密な仕掛けを作ってきました。

ピンギスとは言え、小気味良いアタリはやはり楽しい。

こういう釣りは仕掛けを作る段階から楽しいですね。

珍しくサヨリの流し釣りの常連さん達の近くで釣る格好に。

数人で並んでいれば横のスペースを必要とする流し釣りもどうにか出来る状態。

ピンギス釣りをしながら流し釣りのサヨリの状況を窺う。

経験上、流し釣りで厳しいと浦安釣法でも数はそう望めない。

5人ほどでサヨリは1人の方が2本だけ。

早い時間に皆帰ってしまった。

そこへ浦安釣法のサヨリ師の方が来られて1本。

数年前からお話はするけど、そう言えば一緒に並んで釣りをしたことは一度も無かったので
自分もサヨリに変更することに。

相当にサヨリをやり込んで来たことが窺える方で楽しくお話しながら釣りが出来ました。

今後とも長くお付き合いをお願いしたい釣り師でした。今日一番の収穫。

この日は真っ直ぐに投げられない人も多くラインかぶせ、キャストの際に回りを見ない人、
カゴウキ・長い仕掛けを振っているのに真後ろに釣り座を構える人。

なかなか厳しい釣り環境でした。ただ歩いてても怖い。

サヨリは2投目で1本目が出るも後が続かず。

アタリはあるけど続かない。

ジャリメの垂らしはいつもより長めに。
↑の画像を見ても分かるように垂らしは1cm以上あります。

遊びでジャリメ1本掛けなんてやってみたら、垂らしがボロボロに(笑)
手元に伝わる魚信が違ったのが面白かったです。

一度だけ、超~久しぶりの着水同時ヒットがあるも10m先でバラシ。

真後ろにも人が来て止め時かなと思い納竿。餌はほぼ使い切り。

サヨリは3本、バラシが2回。普段はあまりバラシが無いので今日のバラシは少し気になる。

一緒にサヨリ釣りをした方と共に苦戦しました。

キス釣りのほうは7本鈎で3連掛けが2回が最高。
2.7m竿、15号のオモリで本当にチョイ投げなのでもう少し飛ばせば数は伸びたかも。

とは言え4号鈎でも中々掛からないのが多いように感じました。

青物狙いのルアーマンだらけの中で、自分の釣りが楽しめました。

今回使用したタックル

ダイワ(Daiwa) 磯竿 スピニング リバティクラブ 磯風 2-45・K 釣り竿

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 2000 フリームス(2018) LT2000S

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると嬉しいです。

コメント

  1. M より:

    Mです
     青物狙いの方々空く気配はありませんね。ただ、一昨年を思うと上がってる数が多いとも思えない印象ですが、台風被害含めて釣り場が少なくなっているのもあるんでしょうか。
     私もキス釣り行きたいですが、後ろにルアーの皆さんが隙間無くいるので、場所から気を付けないといけないので、少し億劫にもなってしまいます。

    • にし より:

      Mさん

      自分も青物は一昨年の方が釣れていたように思います。
      かなり手前の方でも釣れてましたからね。

      そろそろ水温も下がって青物もルアーマンも減るんじゃないかなと期待(?)しています(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。