ホームで卒業

2016/8/12の釣行記。

徹夜釣行を終えて帰宅後、3時間ほど寝て…家の用事を済ませてからホームです。

最近は館山湾で夜釣り→ホームというのがヘチ釣りの師匠とお決まりになってる気がします。

ここのところホームは3連敗中。

何か釣りたい。

17時到着。

空いてます。

先に来ていた師匠が2度アタリがあったというので期待です。

1回目。

スルスル落として…

糸が止まった!?

落としてる最中に”止まる”ってのはこれか?

と思った直後に

ギュギューン

柔らかいヘチ竿の先が絞り込まれます。

アワワワ

糸を止めて魚との引っ張り合い。

浮いてきたのは丸っこいフッコ。

また潜って、、パワーあるなあ。

やりとりの最中にハリス切れ。

うーん、難しい!

水面から2メートルくらいで当たったので、その後もサミングしてゆっくり目に落とすとすぐにアタリ!

今度も落としてる最中に糸がピタリと止まるパターン。

んで、今回もハリス切れ…

姿も拝めず。

3度目!

今度は糸がピタリ!ではなく、フワーッと止まる。

止まるというか、リールに巻いた糸が濡れたか癖がついたかで少し巻き直してやるかな?

そんな具合で糸フケをとってみたら魚がついてました(笑)

気付くのが遅かったか、エサ食い逃げ。

悔しい!

4度目!

今度は前アタリが発生。

何度か餌にアタックしてからの、ギューン!

1回目、2回目のやりとりでは無理やり浮かせようとしてたので、今度は慎重に。

張り過ぎず緩め過ぎず。

防波堤の足元はえぐれてるようになってるんですが、そこに潜り込もうとする。

道糸が擦れてしまう~、ナイロンだから簡単に切れてしまう!

腕を伸ばし、竿を前に出して対処して浮かせることに成功。

タモを出して、、無事に取り込み!

1471003444908

ちょっと細目のフッコさん。

ヘチ釣りで初めてタモ使いました。

というか久しぶりにタモ使ったのでは…

冬のカレイ以来ですね。半年ぶり以上?

嬉しい1本です。

落とし込み釣り、楽しいです!

翌日に館山湾の夜釣りも控えているので2時間で納竿としました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。