今後の釣りとか道具について考えてみた

先日、半ば衝動的にロッドとリールを追加しました。

18フリームスの4000番。ローギアの方。

ロッドはクロステージのCRXC-73ML。

船上でルアーやってみたくなったのです。

そうは言ってもそんなにお金をかけられないので、実用性と使用頻度(たぶん少ない)を秤にかけてこの辺りに落ち着きました。

「えっ、そのクラス!?ショッボー!」

いいんです。

今までイナダまでクロステージのCRX-902MLでやってましたし。

それよりもリールなんて12クレストの2500番なので無理があるバランスでした。

でも購入して1年以上経って使えてますからね。

とは言え無茶がある気はしてたのでもう少しマシなグレードにしてみました。

買い物のことはその場の思いつきのようなもので、自分のことを理解していただいている(と勝手に思っている)店員さんと相談して店頭にある在庫の中から決めました。
高額商品を推しまくる訳でもなく、こちらの意図をバッチリ掴んでくださってます。上州屋稲毛店のIさん今回もありがとうございます!

とりあえずPE巻き始めあるあるのライントラブル。

そいつを船上で味わいたくないのでそこら辺で投げてきました。

ハンドルが軽くて気持ち悪かった。。自分の持ち物じゃないみたいで(笑)

ああ、こんなにヌルヌル回るのね・・と。

で、、

つくづく道具って身体の延長だなーと思ったのであります。

今までショボタックルでよくやってたと思いますが。

使い続けていれば馴染んでしまうんです。

そして同じ道具を使い続けて前向きに釣りに取り組めば熟練度はそら上がるってもんです。
(と書いててファイナルファンタジー2を思い出した中年です)

そう言えば同じ道具ばかり使う人も居たなあと…

(あの人)

脱線しそうなので戻します。

ヘチ釣りの師匠とたまにそういう話題になるんですけど、

「道具って結局、自己満足」

なんですよね。

これは釣りに限らず多くの趣味(職業としては別)に言えることだと思います。

最高機種が最も素晴らしい製品なのかも知れませんが、

自分には手が出しにくいし、必要か?と問うとそうでもなかったり・・

ステラやイグジストがクレストの十数倍の価格。それに比例した釣果が見込めるかと言えばそんなことはないでしょう。

持つことの喜び、リセールバリュー、長期の使用に耐えうるであろうという点が大きいと思います。

個人的には並継の投竿、100g前後が背負えるショアジギングロッド。ソルティガ或いはキャタリナには突っ込んでいいかなと思っています。

と、ここまで書いて一旦推敲して(敵を作りそうな文言を)だいぶ削ったんですが。

志向としては、ショボ目の道具でもわりとイケますよ。そんなに大枚はたかなくても入ってこれますよ。ちょっとやってみませんか。

というスタンスの釣りが好きです。

その方が釣りの裾野は広がりますし。

ネガティブなことを思い出したんですがブログ始めた切っ掛けでもある、とある人物に「〇〇を〇〇するのがそんなに偉いんですか?」みたいな煽られ方をしたの思い出して、うん。やっぱりクソだなーと再確認しました。人は誰でも王様になれますね。裸かも知れないけど。嫌味な奴は大嫌いだ!

とりとめもなく今回はなんとなく思っていたことを書いてみました。

最近はいい釣りが出来ている実感がありますしオフショアでのルアーも楽しみであります。

あ、あとボートシロギス。

先日は一応の面目は保った結果ですが不完全燃焼と言うか気分的に着火すらしていないのでもう一度やろうと思います。

興味ある方がいらしたらご一緒しましょう。ボート漕ぎますし初めての方でも教えますので。

それが終わればサーフのシロギス。

その頃には秋のサヨリが始まっているかも知れませんね。

冬にはヘチ釣り。カレイもやるかも知れません。

1年あっと言う間です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。