シロギスのさばき方

シロギスに限らず魚のさばき方を聞かれることがたまにあるので書いておきます。

今回はシロギスを開きにするおろし方です。

ウロコはあらかじめ取り除いた状態から始めます。

ウロコは包丁でもいいし、ペットボトルのキャップを使うとウロコが飛び散りにくいです。

頭を右、お腹を向こう側に向けて胸鰭の後ろから包丁を入れて中骨で止めます。

お腹を切らないように中骨の上を滑らせるように引いていきます。

包丁を逆さにして開きます。

ひっくり返して胸鰭の後ろから中骨の上まで包丁を入れます。

先ほどと同じように中骨の上を引いていきます。刃先をまな板から離さないようにします。

尾まできたら中骨を切ります。

これで頭と中骨、内臓がまとめて取れます。

内臓と腹膜(お腹の内側の黒いところ)を包丁の先で落とします。

スプーンでこそぎ落すのもアリです。

頭と内臓を先に取り除く方法より多く身を残せます。

天ぷら、一夜干し、グリルと使い道は広いです。

参考になれば嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
クリックしていただけると励みになります

コメント

  1. たけ より:

    最後は左から右に包丁入れるってことですよね?
    斬新!
    今度やってみます。
    釣りもタモ入れも魚捌くのも数こなさないとだなぁ^^

    • にし より:

      たけさん

      そうですそうです❗
      後でもう少し分かりやすく修正しておきます。
       
      釣りも魚のさばき方も数をこなせば慣れてきますね。
      自分もまだ不得手な魚があるので頑張ります

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。