リールのラインの裏返し

自宅で暇を持て余しているうちに釣り道具の面倒を見ようとリールのラインの裏返しを済ませたので、自分なりのやり方を紹介します。

 

用意する物

・高速リサイクラー2.0

・セロテープ台

・空のスプール2個

・割りばし

・マスキングテープ(テープ類なら他の種類でもいいです)

 

巻き取りには高速リサイクラー2.0を使いました。

 

セロテープ台はダイソーで購入。(実はコレを見て閃いた)

 

空のスプールを2個用意します。(※うち1個はテープホルダーに入る幅の物を)

 

道具の準備

テープ台に付属しているスプールは使いません。(形状次第では使いたかった)

 

スプールをテープ台にセットする為の準備をします。

 

割りばし(丸い物)をテープ台に収まるようにカットします。

マスキングテープを中央に巻いていきます。

 

ちなみにマスキングテープは24mm幅の物を使用。

 

マスキングテープをカットした割りばしの中央にグルグル巻いていきます。

なるべく左右にズレないように…

スプールの内径は2個とも16mmでした。少し太目に巻いてから調整するといいですよ。

出来たら空のスプールにセットしてみます。

 

ある程度の弾力があるのでしっかり嵌まると思います。
これで芯材とスプールの空転が防げます。

※この芯材を思い付くまでに1日かかってしまった。
工作機器を使えば簡単だけど、誰でも手軽に作れるのを第一に考えたんス。

 

ラインの裏返し方

 

このリールのラインを裏返します。

ラインの毛羽立ちはそれほど見られませんが、前回巻いた時期を忘れたので…(笑)

 

まずは高速リサイクラーに空スプールをセットしてラインを巻き取っていきます。

 

巻き取ったスプールに先ほど割りばしとマスキングテープで作った芯材をセットします。

このスプールをテープ台にセットして、高速リサイクラー側には別の空スプールをセットして巻き取っていきます。

 

 

巻き取る際は、テープ台側のスプールを軽く押さえてブレーキをかけます。
スプールとテープ台に靴下なんかを被せてもいけるかも知れない

 

巻替えが終わりました。このスプールのラインをリールに巻けば最初の状態からラインの前後が入れ替わる訳です。

 

 

裏返しが終わりました。

 

高速リサイクラーがある前提の紹介になってしまいましたが、ラインの裏返しは色々やり方があるようで自分なりに考えてみました。

良かったら試してみてくださいネ。

 

第一精工 高速リサイクラー2.0

新品価格
¥4,070から
(2020/4/29 19:12時点)

ちなみに上位機種の高速リサイクラーDSだと裏返しも出来るようですが価格は倍以上します…
自分は高速リサイクラーを回してますんで、
お財布に余裕のある方はDSを購入するなり巻替えなんてせずに新しいラインを巻いて経済を回してください(笑)

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
↑↑ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると次の投稿の励みになります。↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました