釣行記(2017/2/4~5)

ちょっと更新が滞ってました。

1月は週末の天気が悪いのもあったんですが、気管支炎で釣りを休んでたり、治った矢先に家族がインフルエンザに罹ったり散々でした…

釣果の方はボウズこそないものの、小さいメバルだけの日ばかりでした。

投げ竿を出してカレイを狙えばいいんでしょうけど、アイナメが居るならばと落とし込み一本になっちゃいますね。

先日の土曜日は内房へ久しぶりの単独釣行。

AM6:30~14時まで落とし込んできました。

2時間近くアタリが無く…

それでも好天の下、久しぶりにゆっくり釣りが出来る喜びを噛みしめながら探り続けると。

待望の首振りが来ました!

DSCN1003

新調した玉の柄、師匠とお揃いの竿での一本なので嬉しさもひとしお。

DSCN1006

31cm。

なかなか40超えは釣れませんね。

昨年導入した前打ち竿でまだ釣果をあげていないので試すことにしました。

小さいアタリが頻発するものの、チヌ鈎では到底釣れないような。。

ハゲ鈎に替えて挑戦。

それでも難しい。極めて小さいハゼか、、あるいはギンポか。

再三のアタックにも関わらずハリスは無事なのでフグではなさそう。

ギンポならもっと鈎を小さくしてやらないと。

ようやく手応えを感じたので巻き上げると…

DSCN1005

タコでした。

釣るのは初めてです。

入魂がタコか…

この日はこれで納竿。

翌日曜日はホーム。

師匠とまったりしてました。

たまに会う自慢話しかしないおっさんも居て、師匠も微妙にスルーしてたんだけど。

もしかすると昨年に浦安釣法にケチをつけてきた変な人かも知れない。
(どうでもいい相手なので顔忘れた)

あと、釣り仲間も不愉快な思いをしたと言う、投げ釣りの下手っぴな人と同一人物かも…

と言うかそうであって欲しい。おかしな人がそんなに何人も居ないで欲しい(笑)

ちょっと釣りがつまらなくなる場だったなあ。。

閑話休題。

お魚はどうやらお留守のようで、メバルのアタリが3回程度。

エサを追って来ない活性の低さ。

お昼で仕舞いました。

今年初のオデコです。

この時期は釣果が寂しいのは分かっているので、ひとつひとつ大事に釣りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. たけ より:

    市原海釣り公園ではちょっと前にタコ釣れてたみたいですけど、
    まだ釣れるんですね。
    羨ましいです。たこ焼きにしたい!

    >投げ釣りの下手っぴな人
    あいたたた。私も下手です(苦笑)すぐ隣の人の糸を釣っちゃうんですよね。。
    笑って許してくれる人は助かるんですが、ちょっと怖い人もいて
    びびっちゃいます・・

    • にし より:

      たけさん

      初めてタコを鈎にかけたんですが、釣趣はイマイチですね。
      タコテンヤ持ってるんですけど使わないままになりそう。。

      投げ釣りはまずは真っ直ぐ投げられるようになると釣りが快適になりますよね。
      自分も真っ直ぐ投げられない頃は空いてる所で投げて練習してました。

      この時期だとカレイの置き竿なのでじっと待っている所に引っ掛けてしまうとやられた方も心中穏やかではないかもしれません(苦笑)
      1、2度なら自分も構いませんけど続くようなら離れるか離れてもらいますね。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。