カレイとサヨリの刺身

先日ヘチ釣りの師匠からいただいたカレイと、釣ったサヨリを刺身にしました。

カレイは5枚におろします。

肝と卵巣がたっぷりです♪

卵巣の張りからすると、シーズンインしていると言って良いでしょう。

煮付けると美味しいですよね。

そう言えばカレイをさばくのは2年ぶりでした。

全て刺身に切り分け、エンガワ部分も隅っこに盛りました。

牡蠣醤油で食べてみると抜群に旨かったです。。個人的にはイナダ以上。

ちなみに身は一晩寝かせたほうが美味いです。

昆布締めも最高でしょう。

昆布出汁を貼った鍋に白菜と長葱を入れてしゃぶしゃぶとしても食べました。

こちらも最高。青魚に比べて癖が無いですからね。

とっておいた日本酒を開けたら盛り上がってきたので、サヨリも使ってしまいます。

前回釣った3尾分です。

これも3枚にして一晩置いてます。

小さい1尾のみ糸造りにしました。

自分らで食べる分なので腹骨はそのまま。

牡蠣醤油は勿論美味いのだけど、醤油が勝っちゃいますね。

どれも美味しかった~

今度の週末も楽しみです。

追記:アンケートを追加しました。お時間あればお願いしますっ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. よし より:

    カレイの刺身良いですね~✨

    中々食べる事できないですからね。。

    釣り人の特権ですね♪

    今年は寒いのに耐えながらカレイ釣りにチャレンジしてみたいと思います‼

    • にし より:

      よしさん

      煮付けや唐揚げが定番ですけど、刺身がまた美味しいんですよ。
      外食でカレイの刺身は自分はイシガレイを何度か食べたきりですね。。

      待ちっぱなしの釣りも竿を何本も出すのもあまり好きな方では無いのですが、2年ぶりにやろうか考え中です。
      その前に別の方法で試してみます。

  2. amarone より:

    マコガレイ、検見川で釣れるんですねぇ。しかも美味しそう。あのあたりの底はエイしかいないイメージなんで、一度釣ってみたいですねぇ。普通のぶっこみな感じでいいんでしょうか。
    そういえば以前、青潮の時に浮いてきた舌平目を捕まえたって話も聞きました。

    • にし より:

      amaroneさん

      湾奥の冬はマコガレイが釣れますよ。
      数の千葉港、型の検見川という(個人的な)イメージです。
      ブッコミで問題ないですよ。
      ポイントを知っているかが一番大事ですね。
      此処では書きませんが、常連さんの竿が出ているので現地に行かれれば分かるかと思います。

      amaroneさんはカヤックをお持ちなので、オフショアで小突き釣りもいいと思います。
      もしかすると爆釣できるかも?

      舌平目は此処ではまだ見たことがありません。
      居るんですねえ~

      • amarone より:

        やっぱりポイントが重要なんですね。
        検見川は結構通っているのに、サビキばっかりやっていたのでそういうのに疎くって。
        常連さんの竿を見るってのは確かに大事ですね。いいこと聞きました。
        小突き釣りも初耳なので調べました。ブラックバスの時に使っていたライトタックルが丁度使えそう。。冬も色々獲物があって忙しいですね。

        • にし より:

          amaroneさん

          通っていても周りを見ていないと全体の釣り物が分からなかったりしますよね。
          カレイや根魚などは釣れるポイントを押さえているかが一番大事だと思います。
          その年によって変わってきたりしますが、誰かが釣り出すと皆その辺りで始めますね。
          カレイ用の竿はライトタックルでも問題ないと思います。
          冬は、、2月頃になるとけっこうしんどいです(笑)

  3. 沖堤ばっかの師匠 より:

    ほほーwうまそーだねぇーwそろそろ、クロダイからアイナメにchangeかなぁ?

    • にし より:

      師匠

      カレイご馳走さまでした♪
      釣りすぎ注意です!捕まりますよ!(笑)
      …マジでアイナメ釣り過ぎないでください。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。