90分間のサヨリ

2017/11/22の釣行記。

この日は通院ついでに銀行やら役所やらでお休みいただきました。

体調がイマイチだったので静養してようかとも思ったんですけど、私よりもジャリメが死にかけてたので少しだけやってきました。

 

15:30開始(変換候補の最初に”怪死”と出たんだけどやめてほしい!)

17:00納竿(今度は”納棺”と出てきた・・)

 

日没まで時間が無い為、釣り最優先とした都合で釣り場での写真はありません。

 

開始早々にヒット、4投目の時点で2本釣りました。

幸先は良かったのですが、今日は妙に仕掛けが絡みタイムロス。

カゴウキ部分で絡むケースもあれば、より糸とハリスの接続部に引っ掛かるのも2度。

 

今日はより糸とハリス(ホンテロン)をクリンチノットでの接続だったのですが、前回のナイロン6号とハリスを自分なりに考えてみた結び方での接続の方がトラブルが無くて良かったです。

遠投してゆっくり引いてくるので仕掛け絡みは時間泥棒でもあります。

出来るだけゼロに近づけたい。

ちなみに前回考えた結びの接続部はこんな感じ。

 

ナイロン6号とホンテロン0.6号の接続です。

結びコブが小さいのと、糸の端が枝のように出ていないので此処で引っ掛かることはまずないです。

あと何度か試したら具体的に書こうと思います。

仕掛け絡みについて書きたいことは色々あるのですが別の機会に。

 

 

 

仕掛け絡みの頻度が高くなったので、全交換。

より糸からナイロン6号に、上記の新しい結びは少し手間なので今までやってこなかった直結びで接続。

簡単だけど思ったより悪くないですね。

 

 

投げ直すと群れが去ったのかアタリがガタ落ち。

1本追加してから沈黙。

 

それまで投げていたのと反対側に投げてみると2投目でヒット。

波ッ気のある方です。

 

ここで17:00。タイムアップ。

 

型揃いの4本でした。

25cmくらいかな。

 

 

周りではぽつぽつ、、という感じで自分が居た時間に他であがっているのを見たのは1本だけでした。

 

まだサヨリ狙いでボウズを食らってないので続けます。

 

 

 

ところで、前々回から新調した磯竿を使ってます。

 

ダイワのリバティクラブ 磯風 2-45

今まで使っていたシマノのホリデー磯を何年も使い倒したのと

使われている方のを見てイイな~と思って購入しました。

黒を基調に赤がアクセントになってます。

最近のダイワ製品のデザインはカッコイイですね。

もう少し過ぎてしまうと子供っぽくなってしまう気がしますが匙加減が絶妙と言うか。

 

で、使用感ですがサヨリ釣りには申し分ありません。

4,5mなので長時間の使用は流石に持ち重りします。

お勧めするならひとつ短い2-39ですかね。

ダイワ(Daiwa) 磯竿 スピニング リバティクラブ 磯風 2号-39・K 釣り竿

 

腕の疲れなんてへっちゃら!という方には2-45、

ダイワ(Daiwa) 磯竿 スピニング リバティクラブ 磯風 2-45・K 釣り竿

 

 

浦安エリアのように足下がテトラや石、磯場なので取り込み時に竿の長さを必要とするなら2-53ですね。

ダイワ(Daiwa) 磯竿 スピニング リバティクラブ 磯風 2-53・K 釣り竿

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
↑↑ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると次の投稿の励みになります。↑↑
釣行記 釣魚別 サヨリ
スポンサーリンク
シェアする
このブログをフォローする
フィッシング天台

コメント

タイトルとURLをコピーしました