富浦湾の初ボート

2018/6/17の釣行記。

久しぶりにヘチ釣りの師匠と2人で釣りしてきました。

今回はヘチじゃなくてボートです。ヘチがありませんね。

岩井海岸はボート屋が休みだったり予約イッパイだったりで富浦の日の出ボートさんのお世話になりました。

富浦湾で沖に出るのは初めて。

沖に出る時も帰る時も引っ張ってくれるので楽ですな~

みんなで繋がって沖に出るのは何だか楽しい。

沖に出てロープほどいて移動します。

今日は新調したボート用のルアーロッド、18フリームスのタックルで中型の魚を・・

と意気込んでルアーも色々持ってきたんですけど。

イワシの群れが殆ど来ないんですよね。。前日の雨のせいかな。

ボトムを探っても何の反応もなく・・

スピンテール、ジグミノー、ローリングベイト、鉄板バイブ、メタルジグあと何だ、、

まぁ、色々試したけど心が折れました~

師匠は相変わらず短竿にタイコリールですが(笑)

きっちりシロギス釣ってます。

ジャリメを買ってシロギスを釣ると言うので珍しいな??と思ったら、ピンギス狙いからの泳がせだそうです。

しかし、釣れるキスの型が良い。餌には大きいのばかり。

手ぶらじゃ帰りたくないのでシロギスに変更します。

タックルがゴツ目だけどPEと浦安天秤の感度で補ってくれるでしょう・・

師匠がジャリメを買うのは意外でしたが、ジャリメが無い場面を想定して忍ばせていた・・・

グミを試しました(笑)

が、アタリが出ません :mrgreen:

ここは素直にジャリメを分けてもらいます。

すると1投目で

いきなり来ましたね!

これが9時5分。

2投目もヒット、9時9分

やればできる子…!

いい感じで続くので撮るのはお休み。

中通しオモリに短ハリス仕掛けの師匠と釣果に差が出てきます。

師匠が…やさぐれかけています…!

途中から浦安天秤を使ってもらいました。

やはりアタリが分かりやすくなったと!

なんだか型が良いのばかりです。

一度、ロッドを曲げるほどの引きが出まして。

何か!?と思いましたら良型シロギスがダブル。

これ楽しかったな~
(写真撮ってもらったんだけど要減量な姿も一緒に写ってしまったので自粛)

小メゴチが釣れると師匠はお待ちかねの泳がせ開始。

その後ピンギスが自分に掛かり、メゴチをピンギスに交換(笑)

さらにその後、自分が仕掛けを投げてフォール中に食ってきた・・

子サバ。

これグミで釣れましたね。

泳がせのピンギスをさらに子サバに交換(笑)

ピンギスはお持ち帰り。

釣りの途中、定期的に船長さんが回ってきます。

話を聞くと先日の岩井同様、あんまり釣れてないようで1~12尾とのこと。

自分達のボートが一番釣れてるみたいです。

ジャリメ半パックを2人で使い切って営業終了1時間前にあがりました。

師匠がジャリメ買ってなかったらボウズだったかも知れません。

グミでは結局、子サバ1、シロギス1でした。

お持ち帰りは以上。ホウボウ、メゴチも混じりました。

自分で釣ったシロギスはどれくらいか数えてないですが15くらいかな?

今年のボートシロギスは何処も不調な感じですが、違う場所で2度連続の竿頭はちょっと嬉しいですね。

今回のまとめ

・浦安天秤は必須アイテム。

・グミ餌は釣れ続いた時間にも試すべきだったと後悔。守りに入ってしまった。

・ルアーに3時間ほど費やしてしまったのでシロギスの釣果は伸ばせた筈

次回はシロギス1本に集中して40尾以上(今シーズンのトップが30台で止まっているようなので)釣りたいと思います。

ちょっと先ですが、7月15日にまたボートシロギスをやることにしました。

これは人数集まったらいいなーと考えてます。富浦か岩井を予定してます。

それにしても釣りの後のラーメンって本当によいものですね(痩せない)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。