キャスト11時間

日曜は朝7時から夕方6時まで殆ど休まずルアーを投げてました。

 

先日、ショアジギング用にPALMSのショアガンエボルブ103XH-BLを購入しました。

その前に購入したブラストLT5000D-CXHはこの為のモノ。

ジグは折角なのでPALMS(ゼッツ)で揃えました。

 

 

 

ジギングはちゃんとやったこと無いし、かねてより気になっていたショアスローもどうなの?

食わせの間を作り易いジグなら遠浅の千葉の海にも向いてるのでは?

青物の期待があるとは言え、此処で使うタックルとしてはゴツ過ぎるのは承知のうえ。

タックルが揃ったので今回は練習です。釣れたらラッキー。

 

 

開始早々に仲間のOさんが到着。並んで投げます。

うっかりスプリットリングリングオープナーを忘れてしまったのでOさんの予備を貸していただきました。(ありがとうございます!)

 

 

投げたジグは、

スメルト30g、40g

ダックス40g

スローブラットキャストワイド30g、40g

スローブラットキャストオーバル40g

 

人が多く着水後はフリーフォールさせる機会が少なかったのが難でしたが、

兎に角このロッドを半日、1日振り続けることが出来るのか分かりませんでしたので黙々と投げ続けてみました。

腕がダルくなってきたら、ピンテールサワラチューンなどを巻いて休憩替わりとしました(笑)

 

 

投げたルアーの一部

 

 

釣果としてはノーバイトで終わっちゃいましたが、スメルト30gのアカキンでサゴシが足下まで追って来ました。(それだけでもちょっと嬉しかった)

 

個人的に実績の高いスピンテールはジグの練習の為にあえて置いて来ましたが、使用していたOさんにヒットしたり、キャッチしていた方が使っていたのを見るとやはり有効ですね。

 

Oさん納竿後は少し残ってピンテールのグローでタチウオを狙ってみましたが、2度軽く噛まれて終了となりました。硬いせいなのか2度目のバイトが無いですね。。

あと、ケミホタルの光量には勝てない(笑)

 

ジグを投げた時間だけでも約7時間、心配だった腕の疲れも再び体調を崩すことなく済んでホッとしています。

まだジグの動きを感じ取れているとは言えないので練習を続けてみます。

もう少し魚ッ気のある時ならジグの動かし方がいいのか悪いのか掴めたと思うんだけど、今日は1日全体でも魚をあまり見ませんでしたね。

 

想定しているフィールドで釣るのが今から楽しみです。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
↑↑ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると次の投稿の励みになります。↑↑
釣行記
スポンサーリンク
シェアする
このブログをフォローする
フィッシング天台

コメント

  1. O より:

    結果ボーズでしたが、楽しい一日でした色々と工夫した結果も見えてきたので、
    次回に生かそうと思います。

    で、ちょっと話題に出たタックルのバランスについてキャストウェイトが同じ
    我が家のコルトスナイパーで見てみたところ、自重400G超のBG4000Hを付けて
    リールフットより握りこぶし一つ分先端よりに重心が来ます。
    西さんの影響でポチリそうになったブラストLT5000は300G弱なので少し重い
    ジグを投げ続けると自分にはつらくなりそうとの結論に至りました。
    多分沼田さんと同じステラSW8000番やダイワならキャタリナ4000とか
    をつけると良さそうな感じ。

    でも、半日降り続ける自信がないなぁと無いからもう少し軽いタックルに
    したんですけど、ああ心が揺らぐなぁ。ステラとかは買えないけどね。

    • にし より:

      Oさん

      お返事遅くなってスミマセン!お疲れ様でした。
      キャスト修行で終わった1日になりました。

      たしかに楽では無かったです(笑)
      ウェイトバランス的にはキャタリナか、ヴァデルあたりでもいいかと思います。
      ブラストLTなら6000ですね。いずれ追加するかも…知れませんね…

タイトルとURLをコピーしました