2019年釣り納め

12月は釣りに行く回数が少ないうえに、釣果がゼロとこのまま年越しするのは釣りブログ的に格好がつかないので行ってきました。

年末年始の食卓には釣った根魚を並べたいのです。(昨年は根魚が釣れずキビレでした)

 

本命はアイナメ・カサゴ。

竿は久しぶりに前打ち竿を使うことにしました。

同行した友人はヘチ竿を使用。

 

 

まずはガン玉6Bでイソメを落とすと20cmの良型メバル。

これはキープ 🙂

 

幸先が良いかと思えば続かずに小メバルやフグばかり。

小メバルの中には抱卵して腹が大きい個体が多かったです。これらは余計に弱らせるのも可哀想なので撮らずに速やかリリース。

 

 

メバルは対象から外して、根魚に集中する為にガン玉とチヌ鈎を外してブラクリに交換。

底を兎に角探し回ります。

足下ではほとんどがフグ。

 

帰りの時間まで残り半分が過ぎてしまったので焦る。

前打ち竿を3.9から4.5Mまで伸ばし、前方を探る。

するとその距離では石が沈んでいるのか急に深くなる所があるのに気付く。

 

深い所で底を叩くとようやく本命のカサゴが。

 

 

やや小ぶりでも味噌汁にしたいので食べる分だけはキープします。

 

これは悩ましいサイズ。

 

 

お土産として格好のつく大きさの魚が欲しいのでひたすら穴探し。

フグがまだ多く、ブラクリの鈎を切られることも。

 

 

フグ対策にイソメを鈎の根元まで通さずにチョン掛けに。

 

 

 

そしてようやく竿を曲げてくれるカサゴがッ!

尺にあと1cm届かず…!

でも此処では良型のカサゴを釣ったことがないので嬉しいですね、紛失して新調したタモも使うことが出来たし。

 

友人もキーパーサイズのカサゴを釣り、残り僅かな時間で釣れそうな所を教えたら一発で35cmほどのアイナメを釣ってくれました。なんとその直後も追加。

 

自分はアイナメの顔は見れませんでしたが、カサゴ3つをキープして納竿。

メバルは友人に。

釣果はカサゴ5、メバル4、フグ8。

前打ちでの穴探しをもっと早く始めていれば釣果は伸ばせたと思います。

腕を上げたままの釣りなので前腕が疲れますが、あまり他の人が攻めきれていない場所を探れるので退屈しませんでした。

 

 

これで今年の釣り納めです。

今年は自然災害に関連して釣りをとりまく環境が激変した一年でした。

自分の釣りを考えることの多い一年でもありました。

正しく、安全に、楽しくやっていければと思います。

それでは皆様よいお年を!

 

 

 

【今回使った道具の一部】

 

宇崎日新 ロッド プロスクエアー 2WAY クロダイ P 3945

 

プロマリン(PRO MARINE) リール RA60 ラウンドエース

玩具みたいだけど、完全に底狙いや狙うタナが決まった小物釣りでは十分使えます。

ドラグ付きなのも○。糸はガン玉程度の重さでは落ちないので手で出します。

テトラ竿で穴釣りをやる時にもいいでしょうね。

 

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン 黒鯛イズム 落とし込み マークウィン 100m 2.5号 ホワイト&ブラック&エキサイトオレンジ&ミエールグリーン

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
↑↑ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると次の投稿の励みになります。↑↑
釣行記 釣魚別 カサゴ
スポンサーリンク
シェアする
このブログをフォローする
フィッシング天台

コメント

タイトルとURLをコピーしました