前打ちで根魚釣り

日時:2021年1月4日
中潮 満潮8:45(173cm)→干潮14:19(97cm)
北風2~3m

 

正月休みでゴロゴロしていたら外に出るのが億劫になりつつありましたが、前打ちで根魚釣りに行ってきました。釣り始めにシロギス修行とも迷ったんですけどね。

 

 

宇崎日新のPRO SQUARE 2WAYクロダイ3.9~4.5m、6.3~6.9mの前打ち竿2本とタモ、三脚を持って行きました。

三脚?と思われるかも知れませんが6.9mの前打ち竿ともなると、糸を通すのに支えが必要になってきます。使い始めの頃は仕方無くクーラーボックスに立て掛けてましたがリールが擦れたり竿も転がるし準備に手がかかるんですね。

てことで、投げ釣りでも使うと思うのでサーフスタンド750を購入しました。

 

荷物が増えるのは仕方ないけど、魚が釣れた時にも立て掛けられるものがあると快適です。

 

 

6.3-6.9mの竿で釣り開始。仕掛けはシンプルにブラクリです。

今日の餌はアオイソメを1パック用意しました。

カサゴが釣れても嬉しいんですが、カサゴは産仔(出産)の時期でお腹の大きい雌の個体が釣れたりもします。そのような個体は以前からリリースするようにしています。キープする分は慎重に個体を選んで数も持ち帰り過ぎないようにしています。ちなみにカサゴは卵胎生の魚で仔魚を産みます。

なので、今回はカサゴよりどちらかと言えばアイナメを意識してサバの身餌ではなくアオイソメにしました。

 

まぁ、最後までアイナメには会えませんでしたけどw

 

 

出来るだけ深い穴を探り歩いて、深い所へ上手く落とせると普段なら9割くらいの率で何かしらヒットするんですが今日は4割くらい。ヒットしても時間がかかることもありました。

活性が低いのか場荒れして来たのか。

 

最初の魚はタケノコメバルでした。

 

この日はタケノコメバル(違うのが居るかも?)が6尾釣れました。

サイズはいまひとつで最大17cmだったかな。

 

カサゴも釣れました。

タケノコメバルよりも型は見られ、20cm以上が揃いました。

 

3時間ほどで竿を持つ腕の疲れが溜まったので4.5mの竿に持ち替えてやや手前の根を探ることに。

こちらでもカサゴを追加してカサゴは計5尾。

 

 

左上のはお腹が大きいですね。

 

 

お腹の大きくない(真ん中のは大きく見えるけど中がスカスカです)、20cm以上を3尾だけ持ち帰り納竿としました。

 

アイナメの首を振るアタリが欲しかったなぁ。

全然出番のないタモを出動させたい…

 

それでもまぁ、釣り始めとしては悪くないスタートかな?

 

 

 

■今回使った道具の一部。

 

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
↑↑ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると次の投稿の励みになります。↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました