旧タイプのSS-2EXの使用方法

【旧SS-2EXのセット方法】(2017/10/06更新)

工房浦安の新製品「SS-2EX」の使い方を釣り場でよく尋ねられるので、記しておきます。

SS-2EXの全体像です。

旧タイプのSS-2EXの全体像です。

※これより古いタイプをお持ちで使い方が分からない!という方がいらっしゃたらコメントかメールフォームでご連絡ください。

まず、PEラインの輪(ビーズの上の糸)に道糸を接続します。

ヨリ糸(ナイロン3号、2本ヨリ、1メートル~1.5メートル)をビーズとビーズの間のスナップに接続します。
※ヨリ糸の作り方はこちら

1442757506418

ヨリ糸をアームの輪に通します。

1442757513498

ヨリ糸とハリス(0.8~1.5号)を直結します。
サルカンなどの金具で接続はNGです。仕掛け絡み、仕掛けを沈ませるなどの原因になります。

【釣り方】

SS-2EXは『浦安釣法』という釣り方に特化したカゴウキです。
釣り場ではよく、「引き釣り」なんて呼ばれ方もしています。

キャストしたらゆっくりと、餌が沈みこまない程度の速さでリールを巻いてください。アタリをききながら、ハリに乗るまで誘ってください。
大アワセは不要で、速く巻いてくるかほんの軽く竿を引く程度で十分です。

浦安釣法についての詳細は工房浦安のサイトをご覧ください。

【餌の付け方】

1442760359907

ジャリメ、イソメなどの場合は餌をハリのチモトが隠れるまでこき上げ、ハリの上部(ミミ)の部分をエサの外側に出します。
餌のたらしは1cm程度で十分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。