【まとめ】自作自演のオッサンは何がしたかったのか?

(これまでの経緯)

工房浦安のテスターをやめました

劇団ひ〇り・前編

劇団ひ〇り・後編

 

数々のTwitterアカウントを使いこな…せなかったキーストン氏。

粘着・誹謗中傷・脅迫と卑劣な行為はメインのアカウントで行わず、でもバレちゃった彼。

彼は一体何がしたかったのか…?

その謎を探るべく我々(?)はインターネットの深くへ潜入した…

 

 

にしサン、知らんオッサンにここまで付きまとわれる覚えが無い

 

 

発端は昨年の投稿であろうことは間違いないと思う。

 

だが、キーストン氏個人についても浦安エリアについても一切触れていない。

 

そもそも此処では内房のとある場所のことについて書いてる。

 

よく読め。

 

つか、浦安の釣り場事情のことは知らないし興味もない。

5ちゃんで浦安の禁止エリアの通報云々て話があるけど、浦安エリアのことは知らないのでにしサンはその話はノータッチです。「浦安のことを知らないクセに」言われてもそもそも何も言ってないっつーの。

 

知らんオッサンが他人のフリして突撃して来て自爆ショーを見せてくれただけ。

 

 

そもそも自分のスタンスはこう。

 

 

 

 

 

もし、サブ垢の青べかがブログのネタに使われて怒っていたなら、

 

どうしようもないバ〇としか言いようがない。

 

控え目に言ってクソに残ったトウモロコシの粒以下。

 

 

つーか、その程度の耐性も無いならSNSでツラ晒して目立とうと思うなよ…

 

 

キーストン氏は何故にしサンにしつこく付きまとうのか?

これが謎なんだけど、時系列で並べるとなんとなく見えてくる。

 

2019年9月
キーストン、本アカでにしサンをブロック、青べかのアカウントでにしサンに粘着開始

 

2020年4月
キーストン、工房浦安代表・友常氏のアカウントをフォロー

 

2020年5月
・キーストン、工房浦安オフィシャルのアカウントをフォロー
・にしサン、工房浦安のテスターをやめる
・キーストン、工房浦安友常氏と浦安で会う
・ホリデーのアカウントが登場
・ホリデー、友常両氏Twitter上で暴れ回る

 

2020年6月
・キーストン、複数のアカウントを使っていたことがバレる。

 

5月に友常氏とキーストンが接触した時点でホリデーのアカウントを使った愚行は動き始めてたんでしょう。「サブ垢使えば何でも出来る」と友常氏に吹き込んだキーストンの姿が想像できます。

 

 

私のtwitterのフォロワーさんがお話してくれたんですけど、

キーストン氏、サヨリ釣りの浦安釣法でネットで有名なにしサンが恨めしくてどうにか自分が有名になってやろうと今回のことを仕組んだのではないかと。

 

なるほど。それなら辻褄が合います。

ある意味、有名になれたからいいんじゃないですかね?

 

それかにしサンが好き過ぎるホモか。

 

 

今回の一連の出来事で誰が得をして誰が損をしたのか?

・友常氏 twitter上で多くの人をドン引きさせた → 損
にしサンへの脅迫行為で警察に住所と本名を提供されてしまう → 損
一部の小売店に一連のことを知られてしまう → 損

 

・キーストン氏 twitterで複数のアカウントを使っていることがバレる → 損
にしサンへの脅迫行為で警察に未知の人物(※1)として通報されてしまう → 損
5ちゃんねるで本名と職場を特定されてしまう(※2) → 損

※1 いつでも本名と職場を提供出来る状態 → 6月29日、警察に本名と住所を届けました。
※2 ソースがキーストン自身のツイートなので本当にどうしようもないバ〇だと思う。

 

・にしサン 頭のおかしい老害2名に粘着・脅迫される → 損
ブログのPVが増える → 得

 

 

一部の人物についてはブログへのアクセスを遮断していますが、それ以外のにしサンのアンチも含めてブログへアクセスしてくれると言うことは、ブログのPVを増やしてくれるってことなんです。

アンチのコメントもたまに載せたりもしてますが、当ブログは荒せません。最初からそのつもりで作っているので。ブログにとってアンチは養分みたいなモノなんですよねぇ。

 

まとめ

・キーストンはウ〇コ。

・友常氏のことはもう知らない。
Twitterを見た方はお分かりだと思いますが、話が全く通じませんので説得とか疲れるだけです。

・両氏のにしサンへの脅迫と、そのことをにしサンが警察に通報した事実は消えない。

・にしサンが弁護士に相談したのも事実。

 


これはその資料。

 

警察や弁護士に…と言うか事情を知らない人に物事を説明するには時系列に分かり易く話を整理する必要がある。

この作業は楽ではないし、嫌なことも思い出しながらの作業になるので人によっては2度苦しむことになる。自分の場合は相手の一人は明らかだし、もう一人も隙だらけの馬〇なので気持ち的には楽でしたが。

それでも自分が家に不在の時の心配や本来なら釣りに出掛けられた時間を警察や弁護士に費やすことになったのは損失。

キーストン・友常両氏がにしサンに対して何かを訴えようとしたところでこの一連の出来事を説明出来る力量があるとは到底思えない(国語的な意味で添削だらけになる予感しかしない)。
彼らにとって説明する訳にも行かない部分も多過ぎる。

2人に出来ることと言えばせいぜい5ちゃんねるで暴れ続けるのが関の山だろう。

特にキーストンに対しては定年も近いイイ歳こいて正面から物が言えないゴミカス野郎だということがよく分かったので、これから社会的に制裁を受ければいいんじゃないですかね?

 

 

卑劣な手段でにしサンやフォロワーに理不尽な攻撃を仕掛けてきた事は絶対に許さない。

謝る気なんて無いのは分かってたしね。

 

 

※釣行記が溜まっているのでこの一連の件については本稿に加筆する可能性があります。追記はしても削除は極力しない方向で。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
↑↑ブログランキングに参加しております。クリックしていただけると次の投稿の励みになります。↑↑
未分類
スポンサーリンク
シェアする
このブログをフォローする
フィッシング天台

コメント

  1. 中村主水 より:

    しかし、懲りないオッさんですよね。
    理性というものが無いのでしょうか?
    立ち入り禁止箇所で釣りしてパクられるのは勝手ですが、釣りしてる画像付きで堂々と場所を明かす事がいろんな意味でマズいんだってわからないのでしょうね。
    まあ、ここが入れなくなったら自己顕示をする機会がなくなりますからね。
    この異常なまでの必死さはそこに繋がってるんでしょうね。

    • にし より:

      中村主水さん

      どうしようもないバカであることは分かったので相手にしないことにします。
      アカウントの正体に気が付いたから良かったものの、遡ると10ヵ月も前から姑息なことを続けているので許しはしませんけどね。

タイトルとURLをコピーしました