糸の接続を考える

SS-2を使用する際の糸の接続について考えたことを綴ってみます。

SS2-EXの新型ですと天秤から先の、旧版ですとスナップから先のより糸・ハリスの接続についてです。

少しでも仕掛け絡みを減らしたい為の工夫のひとつです。

仕掛け絡みがゼロになることはないのでしょうけど、限りなくゼロに近づける試みはやっていきたいですね。永遠のテーマのひとつかも知れません。

下の画は上から順に、ナイロン6号とハリスを自分なりに考えた接続方法、同じく直結び、3号ナイロン2本よりとハリスをクリンチノット、同じくより糸の8の字に留めた方とハリスをクリンチノット(新型のSS-2EXですと天秤の環が小さいのでこうするケースもあると想定して)

体感的に仕掛け絡みが少ない順に並べてみました。

手軽さで言えば直結びもいいかな?と言う気もしますが玉になってますのでこの部分、少~し重くなりますね。

一番下のより糸を8の字で止めた方での接続ですが、より糸の末端にハリスが引っ掛かってしまうことがあり、あまりお勧めしません。
重くなる接続ですし、仕掛けを飛ばす際にうまく流れない気もします。

考えてみた接続方法を紹介しておきます。

完全に趣味の世界です

と言っても自分が知らないだけで存在するかも知れません。先に謝っておきます(笑)

まず、、

いきなりナイロン6号の末端をライターで炙ってコブを作っておきます。

しっかりコブを作っておいてください。

こっちの糸にはもう何もしませんので

以降は超テキトーな画で説明します。

赤いのがナイロン6号でコブを下に向けた状態です。青いのがハリスです。

ハリスを上に置いて、交差した部分をつまんでおきます。

下側に下からくぐらせます。

今度は上に持ってきて下からくぐらせます。

これを1セットとして、3~4セット。

お気づきかと思いますが、FGノットの編み込みですね。

シーバスとかだと編み込みを10セットとかやりますけど3~4セットで大丈夫です。

相手はサヨリですから。

編み込みが終わったらハリスの余り側でハーフヒッチで軽く締めこんで、炙ったコブの根元まで寄せます。

しっかり締めこんでハーフヒッチを2、3回やって完了。

イメージとしては片結びした紐の根元を握っているような・・そんな感じですね。

こんなんで大丈夫なのかよ!?

と思われるかも知れませんがちゃんと釣りは出来てますから。

書いておいてなんですが、、

ここまでやらなくてもいいと思います(笑)

気が向いたらどうぞ。

ちなみに今回の記事、地味に面倒でした

私は気に入ったので時間があれば事前に2セット作っておいて釣り場に持っていきます。

このやり方に名前あるのかな?

糸の種類ですが、ナイロン6号は特に気にせず安い物を、
ハリスだけはホンテロンと決めています。
0.8号があれば1年を通して問題ないと思います。

ゴーセン ホンテロン ナチュラル 50m 0.8号 GS260N08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Qwed より:

    自分も同じく6号ナイロンをヨリ糸代わりに使っていますが
    チチワ作ってそこにクリンチノットで止めてます。

    理由的にはいくつかあり

    1、サヨリに鈎を飲まれた・鈎がどっかいっちゃった際に簡単に結びなおせる
    2、そもそもヨリ糸とハリスの接続があまりうまくできない

    の2点で、一番の要因は2です。1は言い訳に過ぎない感じです(笑)

    確かにチチワの部分でハリスが絡んでいることがよくあります…が、結構軽く引っ張ると直ったりするのであまり不便さを感じてはいません(笑)

    電車結びや松田結びとかよりも(そもそも超苦手なんですノット系は)
    なぜかルアーでFGのほうが慣れてしまったのでこの情報は自分にはすごくありがたいです!
    名前は…天台結びとか…どうでしょうか?(笑)

    • にし より:

      Qwedさん

      あ、ナイロン6号のチチワというのもありますね。
      自分はやったことあったかな・・ないかも?

      兎に角ここの部分を軽くシンプルにかつ、小さくしたいのでこれに落ち着きました。
      太いほうのラインは炙ってコブ(結ぶとまたデカくなる)を作るだけなので我ながら良いんじゃないかと思います。
      電車やトリプルサージェンスノットは強度は申し分ないでしょうけど、結び目がかなり大きくなりますね。
      これ、FGノットに慣れた方なら超簡単ですよね。

      名前、、天台ノットにしますか(笑)
      大物相手は無理でしょうけど、小物釣りには広く使えそうですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。